ヨガ教室の選び方

過剰供給のヨガインストラクター

NYでは石を投げればヨガインストラクターに当たると言われているほど、ヨガインストラクター過剰の状態です。

new-york

私はNYの南に位置するNJ州の郊外に住んでいますが、ここでも新しいヨガ・スタジオができては消えていきます。ヨガ・スタジオは生徒の奪い合いで、ヨガ教室だけでは経営が成り立たないので、ほとんどのスタジオは全米ヨガアライアンス200時間のティーチャーズ・トレーニングを開いており、質の低いクラスもたくさんあります。

武道の道場にたとえるなら、2~3年間練習して高段者になった途端に、教室を開いて生徒達に黒帯をどんどん上げてしまうようなものです。そして、その生徒達が又、教室を開いて・・・という具合で、質の低下に拍車がかかっているような状態です。さらには、バハマなどのリゾートで1週間でヨガ・インストラクターになれるなどという儲け主義のヨガスクールまでたくさんあります。

ヨガのスタイル・教室・講師の選び方

それでは、どのようにヨガ教室やヨガ講師を選んだらいいのでしょう?

我が師匠のKATに、この質問したことがあるのですが、「ショッピングをするのと同じで自分の体や感性に合ったものを選べばいい。」とのこと。

私も師Katに出会うまで、実にさまざまなヨガのクラスを取りましたが、特に惹かれるクラスは一つもありませんでした。

でもKatのクラスに初めて参加した時、本当に試着室で試着した洋服の色もサイズもデザインも自分にピタッと合った時のような高揚感と満足感がありました。体と心が、これだ!と言っているのを感じました。

ですので、これからヨガを始める方も、そんなお師匠さんに出会えるまで色々なスタジオの色々なスタイルの色々なインストラクターのクラスに参加してみるといいと思います。

コメントを残す