うつぶせと仰向け

今日の表現
Lie on your belly (stomack). 「うつぶせになって」
Line on your back. 「あおむけになって」

言うまでもなくヨガのクラスでは頻出の言葉です。直訳すれば「おなかの上に寝て」「背中の上に寝て」です。

たとえば、Salamba Bhujangasana (Sphinx Pose スフィンクスのポーズ)

動詞+with+体の部位+その状態

Lie on your belly (stomack) with your forearms in front you.
「前腕を前に、腹ばいになって。」

日本人には、with forearms の前置詞withが苦手とするところだと思いますので、withを取ってしまって、Lie on you belly. Forearms in front.と言っても、全く問題ありませんが、ヨガのクラスで使い勝手のある言葉なので、覚えておいて損はないです。

文法的には「with+名詞+過去または現在分詞(または副詞や形容詞)」で「 …して…したまま…しながら」の意味です。ヨガのクラスでは、「動詞+with+体の部位+その状態」として使われることが多いです。

Stand with your back against the wall. 「壁に背中を向けて立ってください。」
Sit with your eyes closed.「目を閉じてマットの上に座ってください。」
Sit with your legs crossed.「足を組んで座ってください。」

なぜeyesやlegsの後が過去分詞になるかと言うと、「自分の意思で目が閉じられている/足が組まれている」という受動態という考え方になるからです。

He was standing with his eyes shining.「彼は、目を輝かせて立っていました。」なら、目は能動的に輝いている(自分の意思で輝いているわけではない)ので、shiningとINGになります。

 

 

コメントを残す