背筋を伸ばす

前回のTadasana(Seated Pose 杖のポーズ)で、

Have a seat and extend your legs foward.

次は座ったところから、背筋を伸ばしていく英語表現です。

今日の表現
Lengthen your spine (upward / to the ceiling).
「指先(または両手)を床につけて、背筋を伸ばして。」

 

Lengthenの代わりにExtendでもいいです。文法は既に続けて何度も書いてますが、
「動詞+体の部位+(方向)」です。

ヨガ英語では、背中を伸ばすで「背中=back」は、ほとんど使いません。「spine=脊髄」を使いましょう。日本語にすると「脊髄を伸ばして」と、なんだか仰々しく聞こえてしまいますが、、、、。

crown of the head

「頭頂部、頭のてっぺん」という意味ですが、背筋を伸ばして、と言う時の、Cueとしてよく使われる言い方です。crownには王冠、てっぺんなどという意味があります。ヨガでは大抵、through the cron of your(またはthe) head 「頭のてっぺんを通って(さらに上)」という使い方をします。

Lengthen through the crown of the head.

Inhale and extend from the core of the pelvis out through the crown of the head.

Lengthen the spine by extending upward through the crown of the head.

Press firmly in to your feet and lengthen up through the crown of the head.

Lengthen the spine from the tailbone through the crown of your head.

 

座位からの背筋を伸ばす導入の一例

Exhale, press your fingertips/ hands/ palms into the floor and lengthen your spine upward.

「息を吐いて、指(手/手のひら)で床を押して、背筋を上に向かって伸ばして」
アメリカ人の場合は、腕が長いので床に手をつけても十分に背筋を伸ばせますが、私は指先じゃないとダメです。

dandasana床を押して、背筋を伸ばす。これはRoot to riseを参照してください。

床を手で押すの他の言い方:

Press your hands down on the floor.

いつもの「動詞+体の部位+方向」です。ここではON the floorなのに、上ではINTO the floorと前置詞が違うのは、なぜかと言うとINTOだと上の図のように手を床を突き抜けて押すイメージがあります。ONは床の上を押すわけですが、その前にDOWNがついているので、ぐっと押し下げるというイメージができて、言っていることは、ほぼ同じということになります。

ハムストリングが硬くて腰が丸まってしまう人には

 If your hamstrings are tight, sit on a folded blanket

.「折りたたんだブランケットに座って。」
という指示を出します。

 

 

コメントを残す