感情のコントロール

先週、スリランカ出身の仏教僧バンティ・シャンティさんの瞑想ワークショップに行ってきました。とても良かったので、要点だけ纏めました。 感情は盲目的に起こる 悲しみ、怒り、嫉妬、苦しみ、嫌悪、うらみ、恐怖、欲望など全ての感情は、盲目的に起こる心の反応とい つづきを読む →

ヨガと呼吸と瞑想の関係

ヨガをはじめて、しばらく経った頃、呼吸と瞑想について興味が芽生えてきました。でもヨガをしながら、しっかり呼吸もしているし、ヨガに集中している時は、他に何も考えずに心を空じて行っているので、それで既に瞑想になっているのではないかと瞑想自体に取り組んでい つづきを読む →

アメリカのヨガ人口は3,670万人

2016年のヨガジャーナルの統計より興味深い数字を抜粋しました。、 アメリカのヨガ人口は3,670万人。(2012年には2040万。) その内、女性は72% 男性28% ヨガの参加費、ヨガマット、洋服に費やされた金額は2012年には100億。2016 つづきを読む →

最も影響力のあるヨガ・ガール

ヨガガール

アメリカで今、最もトレンディーなヨガ・ティーチャーの一人がRachel Brathen(レイチェル・ブレイゼン)です。 スウェーデン生まれアルーバ島在住の29歳。2012年から始めた美しい紺碧の海を背景にパーフェクトなビキニ・ボディーでヨガをする「ヨ つづきを読む →

ヨガで体を痛める原因と痛めやすい場所とポーズ

「肩の痛みとヨガ」「ヨガの怪我から学ぶ」でも書いていますが、去年、肩を痛めてから、ヨガの解剖学や生体力学に関して、より掘り下げて学んでいます。 ヨガによる怪我のひとつの原因は、インストラクタの経験不足、人数の多過ぎるクラスでインストラクターの目が行き つづきを読む →

腰痛に一日一回このポーズ

私が毎日、最低一度はやるポーズとは言えないほど簡単なポーズです。たくさん歩いた後なども、この姿勢で休むと疲れが回復していきますし、腰がつらい時などにこのポーズで数分休むと腰がとっても楽になります。長時間座っていることが多い人も、一日に数回、お勧めのポ つづきを読む →

蛍のポーズに到達するためのシークエンス例

今日のピーク・ポーズは「蛍のポーズ」 ピーク・ポーズとは、ヨガ・クラスのシークエンス(Sequence=色々なポーズの連続)の中で、その日の最も高度なポーズです。 シークエンスが気に入ったので備忘録として書いておきます。 Titibasanaのチュー つづきを読む →

ヨガ教室の選び方

過剰供給のヨガインストラクター NYでは石を投げればヨガインストラクターに当たると言われているほど、ヨガインストラクター過剰の状態です。 私はNYの南に位置するNJ州の郊外に住んでいますが、ここでも新しいヨガ・スタジオができては消えていきます。ヨガ・ つづきを読む →

ヨガ界の新生の星?

David Regelinというインストラクターのワークショップに行ってきました。 時たま行く近くのスタジオから、彼のワークショップのお知らせが入り、彼のヨガのコンセプト「YOGA ORIGAMI」という言葉に惹かれて、どんなバックグラウンドのインス つづきを読む →

ヨガと年齢

日本のヨガ人口は若い人が中心? 世界中でセミナーを開催している、ある著名なアメリカ人のヨガ・インストラクターのブログで、日本で教えた時のエピソードが色々と書かれていたのですが、参加者が、ほとんど30代の女性であったことへの驚きが述べられていました。 つづきを読む →