首の痛みとヨガ

首の重さ

その首の痛みは本当に好転反応? ヨガに関する日本語サイトを読んでいて、気になる文章がありました。「ヨガをして首が痛くなったが、それは好転反応だ。」と言われたというのです。 現在、アメリカのベテランのヨガインストラクターの間では、一般の人向けのヨガのク つづきを読む →

ヨギー達の刺青

日本では、温泉に刺青をした外人の入浴対策に苦慮しているようですが、ヨガをしている女性にも、刺青をしている人が非常にたくさんいます。意味をなさない漢字の刺青を入れている人をみると気の毒になります。教えてあげたら、もっと気の毒なので教えませんが・・・。 つづきを読む →

マインドフルネスとヨガ

アメリカで大変人気のある現在受講中のジョン・カバット氏が提唱するマインドフルネス(MBSR)Mindfulness-Based Stress Reductionも、あと一クラスを残して終了です。マインドフルネスのコースに関しては、既に「アメリカで広ま つづきを読む →

ヨガインストラクターの不適切行動

ookami

ヨガ・インストラクターのスキャンダル この数年アメリカではヨガの男性指導者の女生徒に対する性的な不適切行動が問題になっています。ごくごく最近では、新星のごとく現れ一斉風靡したアヌサラヨガの指導者ジョン・フレンド。アヌサラヨガは一時はアメリカの人気ヨガ つづきを読む →

新たに発見された84のヨガ・ポーズ

ブダボーズ

ヨガ・インストラクターJ.Brownのポッド・キャストの最新エピソードでゲストのジェローム・アームストロングの話が非常に興味深かったです。ジェロームは、ホットヨガの起源を徹底的にリサーチして「カルカッタ・ヨガ」という本を最近執筆した人です。 ホット・ つづきを読む →

アメリカで広まる仏教

アメリカでは、その昔、日本の鈴木大拙老師(1870-1966)が禅を伝えるためにカリフォルニアにやってきて、明治~昭和と20年の滞在を経て、禅を広めました。その後、ダライラマが中国政府の弾圧を受けて亡命し、時の人となりました。特に、冷戦時代、共産主義 つづきを読む →

ヨガと宗教

アクロバット

アメリカ人がヨガを語る時、よく耳にするのが、「もともとヨガはインドで発達し精神性を中心とするものだったが、アメリカに来た途端にエクササイズ・ビジネスになってしまった。」と、ちょっと自嘲した感じのコメントです。 ただ私が観察している限りにおいては、アメ つづきを読む →

セレブ・ヨガ・ティーチャーの過去

昨日、アメリカのいわゆるセレブ・ヨガ・ティーチャーのショーン・コーンさんのポッドキャストのインタビューを聞きながら、「いかにもアメリカだ!」と半分のけぞってしまいました。彼女は幼少の頃から、ひどいOCD(強迫性障害)で、若い頃はコカインやヘロインの類 つづきを読む →

マインドフルネスと瞑想を正しく理解する

スリランカの僧侶バンテ・スジャータはシカゴをベースに活動していますが、この1週間NJのあちらこちらで講演を行っているので、再び瞑想教室に参加してきました。 以下は今日の講演の備忘録です。 マインドフルネスの乱用 現在アメリカでは、Meditation つづきを読む →

リラックスと瞑想の違い

今日は、スリランカ出身の僧侶バンティ・スジャータの瞑想教室に行ってきました。ヨガスタジオは、40人ほどの白人女性でびっしり。男性2名。アジア系は私1人。前回のプリンストンでのバンティの瞑想教室もそうでしたが、最近のアメリカ人の仏教への関心は,かなりな つづきを読む →

ヨガ界でも広がる#MeTooムーブメント

アメリカでは今#MeTooムーブメントが広がっています。過去にセクハラに合った女性が次々とMe Tooと言ってカミングアウトしているのです。一番有名どころでは歌手のテイラースイフトがラジオのパーソナリティーにスカートに手を入れてお尻を触られたことを訴 つづきを読む →

感情のコントロール

先週、スリランカ出身の仏教僧バンティ・シャンティさんの瞑想ワークショップに行ってきました。とても良かったので、要点だけ纏めました。 感情は盲目的に起こる 悲しみ、怒り、嫉妬、苦しみ、嫌悪、うらみ、恐怖、欲望など全ての感情は、盲目的に起こる心の反応とい つづきを読む →

ヨガと呼吸と瞑想の関係

ヨガをはじめて、しばらく経った頃、呼吸と瞑想について興味が芽生えてきました。でもヨガをしながら、しっかり呼吸もしているし、ヨガに集中している時は、他に何も考えずに心を空じて行っているので、それで既に瞑想になっているのではないかと瞑想自体に取り組んでい つづきを読む →

最も影響力のあるヨガ・ガール

ヨガガール

アメリカで今、最もトレンディーなヨガ・ティーチャーの一人がRachel Brathen(レイチェル・ブレイゼン)です。 スウェーデン生まれアルーバ島在住の29歳。2012年から始めた美しい紺碧の海を背景にパーフェクトなビキニ・ボディーでヨガをする「ヨ つづきを読む →

ヨガで体を痛める原因と痛めやすい場所とポーズ

「肩の痛みとヨガ」「ヨガの怪我から学ぶ」でも書きましたが、去年、肩を痛めてから、ヨガの解剖学や生体力学に関して、より掘り下げて学んでいます。 ヨガによる怪我のひとつの原因は、インストラクタの経験不足、人数の多過ぎるクラスでインストラクターの目が行き届 つづきを読む →

腰痛に一日一回このポーズ

私が毎日、最低一度はやるポーズとは言えないほど簡単なポーズです。たくさん歩いた後なども、この姿勢で休むと疲れが回復していきますし、腰がつらい時などにこのポーズで数分休むと腰がとっても楽になります。長時間座っていることが多い人も、一日に数回、お勧めのポ つづきを読む →

蛍のポーズに到達するためのシークエンス例

今日のピーク・ポーズは「蛍のポーズ」 ピーク・ポーズとは、ヨガ・クラスのシークエンス(Sequence=色々なポーズの連続)の中で、その日の最も高度なポーズです。 蛍のポーズに至るシークエンスの一例を備忘録として書いておきます。 上の動画は、アイアン つづきを読む →

ヨガ教室の選び方

過剰供給のヨガインストラクター NYでは石を投げればヨガインストラクターに当たると言われているほど、ヨガインストラクター過剰の状態です。 私はNYの南に位置するNJ州の郊外に住んでいますが、ここでも新しいヨガ・スタジオができては消えていきます。ヨガ・ つづきを読む →

ヨガ界の新生の星?

David Regelinというインストラクターのワークショップに行ってきました。 時たま行く近くのスタジオから、彼のワークショップのお知らせが入り、彼のヨガのコンセプト「YOGA ORIGAMI」という言葉に惹かれて、どんなバックグラウンドのインス つづきを読む →