ヨガでダイエットできるのか?本当に痩せるのか?

日本のヨガに関する本やウェッブサイトのタイトルを見ていて、いつも気になるのが、やたらダイエットという言葉がくっついてくることです。痩せるヨガ、ヨガダイエット、肩甲骨ダイエット、骨盤ダイエット・・・。私も20代にヨガを始めた頃は、痩せることが目的でした つづきを読む →

バンダをフル活用して腰や肩を守る

先週、3日間のデズレー・ランバーdesirée rumbaughのヨガ・ワークショップに行ってきました。デズレーは50代以上の女性をターゲットに、「戦士のヨガ」を提唱しています。普通50代以上のためのヨガと聞いただけで、「ゆるいヨガ」を想像してしまい つづきを読む →

ヨガの最中に舌が緊張してませんか?

舌が緊張してませんか? ヨガ初心者の頃は、ポーズの時に体のどこかが緊張していたものでした。全身をリラックスさせているつもりでも、お師匠に顔の緊張を解いて、とか目が怖いよ、とか、ほらほら小指が緊張している。などと注意されて気づくことも多かったです。長年 つづきを読む →

肩の怪我を避ける注意点

友人が、とある東京の岩盤ヨガを教えるスタジオに通い始めたけれど、、半年ほどで肩が痛くなって止めたと言っていました。 せっかく体に良かれと思って一念発起して始めたとしても、間違ったアライメントでヨガをし続けた場合、年齢が上がれば上がるほど、また、運動歴 つづきを読む →

ヨガブロックで至福の休息を

私は旅行先にも必ず旅行用の軽いヨガマットと一緒にヨガブロックをひとつ持っていきます。歩き疲れてホテルに帰って来てから5分でも、または寝る前の5分でも、仰向けになってヨガブロックをお尻の下の仙骨に当てて休んでいるだけで、至福のリラクゼーションになります つづきを読む →

ラクダのポーズを深めるコツ

英語名:Camel Pose 日本語名:ラクダのポーズ サンスクリット名:Ustrasana 基礎的なポーズのインストラクションは省きます。中級者以上の方がポーズを深めるためのコツになります。 後屈に入る前のコツ 息を背中を膨らますような意識で吸いな つづきを読む →

ヨガと呼吸と瞑想の関係

ヨガをはじめて、しばらく経った頃、呼吸と瞑想について興味が芽生えてきました。でもヨガをしながら、しっかり呼吸もしているし、ヨガに集中している時は、他に何も考えずに心を空じて行っているので、それで既に瞑想になっているのではないかと瞑想自体に取り組んでい つづきを読む →

押し合う力を利用してポーズを深める

体の内側から外側に向かう力と、体の外側から内側に向かう力を利用することによってポーズを安定させることができます。 Ananthasana(アナンタナのポーズ/ヘビのポーズ/横向きの足上げのポーズ/Infinity pose 無限ポーズ)を使って説明し つづきを読む →

尾骨を使ってポーズを深める

尾骨

尾骨はお尻の割れ目を触ると硬くなっている部分で、指をそのまま肛門に向かって下げて行くと、先が緩やかにカーブして行って先端は尖っているのがわかります。およそ小指ほどの骨で、人間が猿だった頃の尻尾の名残です。 名残と言っても、現在は何の役目もしていないと つづきを読む →

ヨガ・ポーズの際の目線と目力

ヨガ初心者によくありがちなのが、ポーズをしている時に、顔が緊張していることです。顔は一見リラックスしているようでも口元が緊張していたりり、歯を食いしばっていたり、または外側からは見えませんが、舌が緊張している人も多いですし息を止めてしまっている人もい つづきを読む →

ヨガで体を痛める原因と痛めやすい場所とポーズ

「肩の痛みとヨガ」「ヨガの怪我から学ぶ」でも書いていますが、去年、肩を痛めてから、ヨガの解剖学や生体力学に関して、より掘り下げて学んでいます。 ヨガによる怪我のひとつの原因は、インストラクタの経験不足、人数の多過ぎるクラスでインストラクターの目が行き つづきを読む →

骨盤の安定性を高めて腰痛をなくす

臀筋

私自身は中学生の頃に男の子のクラスメート達と馬乗りという遊びをしていて腰を痛めてから、ずっと腰痛とは長いおつきあいです腰痛の一因は不安定な骨盤にあります。骨盤ベルトで骨盤を固定することも有効ですが、自分で骨盤ベルトに代わる筋肉を作っていくことも非常に つづきを読む →

【NEWS】男性限定裸ヨガ【TIPS】腰を守る二つのコツ

椅子のポーズ

今日のヨガニュース 生まれたままの姿でヨガ Photos of Naked Men Doing Yoga.  「男性の裸ヨガの写真。」マジと思うかもしれませんが、去年、私がたまに訪れるヨガスタジオで、イケメン講師によるワークショップの告知があり、どん つづきを読む →

ポーズをしながらの呼吸のタイミング

吸う息 プラナ(気)と息を取り込み体の内側に向かって拡張します。 吸う息に支えられて重力に反して上向き方向に体を伸張、拡張し、開く動きの時。 ポーズに入って行く時。 ポーズを深める準備として。体が縮むのを防ぐ。たとえば、パリヴリッタ・スカーサナ(Pa つづきを読む →

ウジャイ呼吸法と効果

ウジャイ

ウジャイの呼吸で体を温める ハタヨガでは、ヨガの呼吸は、腹式呼吸そして吐く息も吸う息も鼻からです。そしてウジャイ(Ujjayi/victorious breath 勝利の呼吸)の呼吸を使います。ウジャイの呼吸というのは、喉の奥の声帯部分を狭めてする呼 つづきを読む →

呼吸をともなったヨガで気を巡らす

最初は、ヨガのポーズから入る人が多いと思うのですが、ポーズに慣れてくると、体を効率的に使えるようになってきて、知らない間に呼吸が浅くなってしまうことがあります。そんな時は、もう一度「呼吸」に立ち戻って、動きに合わせて、ゆっくりと吸う息と這う息に意識を つづきを読む →

Root to rise

直訳すると、「高くそびえ立つために根を張りなさい。」 木は根っこをしっかりと深く地面に張ることで、上へ上へと高く大きくなって行きます。それと同じで、ヨガマットについている体の部分(foundation)でしっかりと床を押すことで、体は安定し反対側に向 つづきを読む →