マインドフルネス

マインドフルネス

今、話題のマインドフルネスのセミナーに行ってきました。2年ほど前から毎朝ヨガの後に15分ほど瞑想はしているのですが、やはり時には色々な雑念がもくもくと真夏の入道雲のようにわいてきて、どうにも集中できな日があります。 雑念は雑念として認識して、呼吸に意 つづきを読む →

体の内側のスパンダ(波動)を感じる

いままで様々な優れたインストラクターのクラスを取ってきましたが、クラスが終わった後の、すっきり感、爽快感では、やはりKAT(私の師匠)のクラスが一番だと感じます。Katのクラスは超上級と言われているポーズがあるわけではないし、たくさんのポーズを次々と つづきを読む →

ヨガの怪我から学ぶ

長年熱心にヨガをしている人で、怪我をしたことがないという人にお目にかかったことがありません。かのアイアンガー氏も、若い頃に大きな怪我をしたと自伝か何かで読みましたし、私が今まで出会ったヨガのインストラクターも、膝、肩、腰の怪我はもちろんのこと、足の指 つづきを読む →

ヨガは高齢者の認知機能、記憶力を高める

健康な62才以上の高齢者を対象にした認知機能に対するヨガの効果に関する最近の研究では、8週間、週に3回ヨガをしたグループと同期間同頻度でストレッチをしたグループを比べたところ、ヨガをしたグループではストレス・レベルが下がっていたが、ストレッチをしたグ つづきを読む →

椅子を使ったハトのポーズ

ハトのポーズ

膝にやさしいハトのポーズ 今日のワークショップは、これからのホリデーシーズンに向けて、せわしなくなりがちな気持ちを穏やかにするためにブロック、椅子、ストラップ、ヨガブランケットなど、ありとあらゆるヨガの小道具を使ったリストラティブ・ヨガ。 椅子を使っ つづきを読む →

腰痛に一日一回このポーズ

私が毎日、最低一度はやるポーズとは言えないほど簡単なポーズです。たくさん歩いた後なども、この姿勢で休むと疲れが回復していきますし、腰がつらい時などにこのポーズで数分休むと腰がとっても楽になります。 ヨガのポーズをサポートするためのヨガ・ブロックという つづきを読む →

蛍のポーズに到達するためのシークエンス例

今日のピーク・ポーズは「蛍のポーズ」 ピーク・ポーズとは、ヨガ・クラスのシークエンス(Sequence=色々なポーズの連続)の中で、その日の最も高度なポーズです。 シークエンスが気に入ったので備忘録として書いておきます。 Titibasanaのチュー つづきを読む →

ヨガ教室の選び方

過剰供給のヨガインストラクター NYでは石を投げればヨガインストラクターに当たると言われているほど、ヨガインストラクター過剰の状態です。 私はNYの南に位置するNJ州の郊外に住んでいますが、ここでも新しいヨガ・スタジオができては消えていきます。ヨガ・ つづきを読む →

ヨガ界の新生の星?

David Regelinというインストラクターのワークショップに行ってきました。 時たま行く近くのスタジオから、彼のワークショップのお知らせが入り、彼のヨガのコンセプト「YOGA ORIGAMI」という言葉に惹かれて、どんなバックグラウンドのインス つづきを読む →

ヨガと年齢

日本のヨガ人口は若い人が中心? 世界中でセミナーを開催している、ある著名なアメリカ人のヨガ・インストラクターのブログで、日本で教えた時のエピソードが色々と書かれていたのですが、参加者が、ほとんど30代の女性であったことへの驚きが述べられていました。 つづきを読む →

ランジ・ポーズは奥が深い

ランジは、多くのヨガのクラスで、ポーズからポーズに移る際の通り道のようなポーズとして、注意を払われることの少ないポーズですが、非常に奥深いポーズです。なぜ奥深いのかを解説します。 ランジのポーズの解説で多数アップされている動画の中からシンプルでわかり つづきを読む →

柔軟だからヨガが向いてるわけじゃない

先日、有名ファッションモデルさんが美しくポーズをとるインスタグラムの彼女の膝に目がとまりました。彼女のとっていたポーズはダンサー(Dancer / Natarajasana)のポーズ。一本足で立って、もう片方の足をバックベンドで頭の後ろまで上げて手で つづきを読む →

両足は平行とは

ヨガで足は平行とは

足は体の土台 ヨガで、まず大切なのは土台/基盤(foundation)です。土台となるのは体が床に触れている部分です。 建造物がどんなに強固でも、土台がしっかりしていないと、地震がくれば傾いたり、崩れたりしてしまうのと同じで、ヨガのあらゆるポーズにお つづきを読む →