ヨガの「ねじるポーズ」の秘訣

ねじる方向と反対側の背部からねじる

中・上級者向けのコツになります。ねじるポーズでは、「ねじる方向と反対側の背部」からねじっていきます。たとえば右方向(時計方向)にねじるポーズであれば、左側の背中側からねじり動作を起こします。

ポーズは、ねじる前から始まります

A.まず息を吸いながら骨盤を内旋する(股関節を後ろに引いて、お尻が後ろに突き出、腰のアーチが大きくなります。)と同時に背骨を骨盤のコアから上に向かって伸ばします。これによって骨盤から背中にかけてスペースが生まれます。

B.息を吐きながら、尾骨を下げるとともに、左側の背部の下から頭頂部に向かってねじって行きます。右肩は後ろに引きます。ねじりながら、さらに頭頂部に向かって高く伸びて行く意識を持ちましょう。イメージとしては床屋さんのクルクル回る赤と青のサインポールです。

ねじった安楽座

この動きを「ねじった安楽座」で右方向にねじる動作でやってみます。

1.左脚を前にして、すねの中央同士を合わせて、あぐらをかきます。
2.両足の外側で床を押します。
3.左右均等に両足を骨盤に向かって締めます。
4.左手を右ひざに置き、右手はお尻の後ろの床に置きます。
5.Aの動きに入ります。左手で右ひざを引きながら、右ひざを下げて前に押し出しつつBの動きに入ります。尾骨を下げると同時に坐骨が床に根を張って行き、体は上へ向かって伸びます。(Root to Rise 根を張り、上に伸びる)

膀胱は右へ、心臓は左へ

顔から先にねじらないようにします。
右側の膀胱は右へ、心臓は左へというイメージをもつと、肩が一緒に右側に回るのを防ぎます。

吸う息で高さを失わないように上半身をセンターに戻します。

仙腸関節の怪我を防ぐ

以前は、お尻の片側が浮かないようにという指示が一般的でしたが、最近では、骨盤の仙腸関節の怪我を防ぐためには、多少浮かせた方がいいという専門家の意見が多くあります。

コメントは受け付けていません。