柔軟だからヨガが向いてるわけじゃない

先日、有名ファッションモデルさんが美しくポーズをとるインスタグラムの彼女の膝に目がとまりました。彼女のとっていたポーズはダンサー(Dancer / Natarajasana)のポーズ。一本足で立って、もう片方の足をバックベンドで頭の後ろまで上げて手でつかむポーズです。

膝の過伸展(反張膝)

上半身はとても美しいのですが、地面についている方の脚の膝が下の写真のように完全に逆くの字の過伸展(Hyper-extension)のNG状態。(写真の彼女のものではりません。)

反張膝きっと、彼女は生まれつき、とても柔軟な方なのでしょう。脚を頭の後ろに組むポーズなど、アクロバットのようなポーズを決めている写真もいくつかありました。体が柔らかいので、一見、ヨガの上級者ように見えるのですが・・・。

柔軟な人にヨガ故障が多いわけ

「生まれつき体が柔らかい人は、筋力を使わないでポーズを深めることができてしまうので、伸ばしすぎて怪我につながることが多いのです。ヨガのクラスで脚を180度に開いて床にべったりつけたり、弓のように体をそらせたりして、他の人たちから羨望の目を向けられていた人が、しばらく教室に姿を現さなくなったと思ったら、腰や股関節や膝関節を痛めていた、なんていうことが頻繁にありますし、少なからぬヨガのインストラクターが年齢とともに体の故障で教えられなくなるか、完全にヨガのスタイルを見直して元々教えていたものとは、まったく違うヨガにたどり着いています。

生まれつき柔軟な人は、前屈や開脚、後屈において伸ばせるだけ伸ばさず、筋肉を使っていくことが大切になります。

ヨガは柔軟性を競うスポーツ競技ではない

よく、「私は体が堅いからヨガは向かない。」という言葉を日本でもアメリカでも耳にします。ヨガが柔軟性を競うためのものであれば、そうかもしれませんが、まず第一にヨガは、競うものでないことが大前提。柔軟性ももちろん大事ですが、色々な部位の筋力を高めること、耐久力を高めること、骨を強くすること、関節と筋肉をバランスよく動かすこと、血流を高めることなど、どれ一つとして健康面においておろそかにできない目的と効果があります。

つまり体が堅い人は堅い人なりに、できる範囲で体を動かすことによって、十二分にベネフィット(利益)はあるのです。柔らかい人は、反対にできる範囲まで動かさず、より筋肉を使ってあげることで、ベネフィットを得ることができます。つま先が頭につくとか、脚が180度に開くとかが、ヨガの目的ではないのです。

前記のモデルさんに話しを戻すと、膝が逆「く」の字になってしまっているので、意識的に膝のお皿(Knee cap)を上に引き上げて、膝や肘がまっすぐに伸びききる寸前で止めてあげること、膝や肘のマイクロベンド(microbend)を覚えないと、きっと数年後には膝や肘を痛めていることでしょう。

師のたまわく

体が非常に硬い生徒さんの指導法を師Kat Grassauに、尋ねた際に返ってきた答えです。

“It’s not how far you go, it’s how you go far.”

「どれだけポーズを深めるかではなく、どのように深めて行くかなのです。」

It’s corny but it is true that attitude is everything.「これは陳腐なせりふかもしれないけど、(ヨガする人の)心のあり方こそが大事なのです。」

ヨガ英語単語フレーズ

以下は、膝を守るために、ヨガのクラスで頻繁に耳にするフレーズです。

“Microbend your knees. “

「膝をほんの少しだけ曲げて。」

”Don’t hyper-extend your knees (elbows).”  or

“Don’t lock your knees.”

「膝(肘)を過伸展しないようにして。」

“Pull your kneecaps up.”

「膝のお皿を引き上げて。」

これは膝を守るために、膝のお皿を引き上げるキューとして使われます。

 

コメントを残す