ヨガのシークエンスの組み方

ヨガ・シークエンス(Sequence)とは=数種類のポーズを連続で行うこと。

ピークポーズから組み立てる方法

シークエンスの組み立て方は色々な方法がありますが、一例としてピーク・ポーズから考える方法です。ピークポーズというのは、ヨガのクラスを山登りに例えるなら、段々と体を温めて行って、準備運動を十分にして、到着に至る山の頂上(ピーク)にあるポーズです。

たとえば、「戦士のポーズ3」をピークと定めます。

  1. 戦士のポーズ3と似た形のポーズで、より簡単なポーズはあるか。
  2. そのピークに達するために、どの筋肉が働いている必要があるか、ゆるんでいる必要があるか。

この二つから考えてみます。

「戦士のポーズ3」をビジュアル化します。私の場合紙に棒線(Stick Figure )で書いてみます。Sequence

似た外形のポーズを探す

そして最初は外側の形だけを観察します。つまり筋肉だの関節だのは考えません。

戦士のポーズ3の外形は片足バランス、右足と左足が90度、手が頭上、

  • 脚の角度:両体側を強く伸ばすポーズ(Intense Side Stretch)、半月のポーズ、片足を上げたダウンドッグ(3 Leg Dog)仰向けの親指をつかむポーズ(Extended Hand to Big toe Pose)
  • 片足バランス:木のポーズ、鷲のポーズ
  • 腕の位置:木のポーズ、戦士のポーズ1、両手を上げるポーズ

使う筋肉を書き出します

腹筋力、背筋力、脚力(+支柱となる足がしっかりと床を踏んでいる。)脚の後ろ(ハムなど)が伸びている。上げっている脚の臀部の力。

以上の場所をアクティベートさせるポーズを書き出します。

  • ベースの足がしっかりと床を踏む:戦士のポーズ1、2
  • 背筋力:バッタのポーズ、ベイビーコブラ
  • 腹筋:船のポーズ、足を高く伸ばすポーズ(Upward Extended Feet Pose)
  • 脚の後ろを伸ばす:半分の猿王のポーズ、ねじった半月のポーズ、前屈,
    臀部:いすのポーズ、バッタのポーズ

と書き出して行き、難易度順に並べて行きます。仰向けのポーズ、立ち居、仰向けなど、立ったり座ったり寝たりが混ざらないよう、置き換えてスムーズな流れを作ります。そして、ウォームアップのポーズ、ピークの後のカウンターポーズ、リラックスポーズを必要に応じて加えます。

作ったシークエンスを自分で一度やってみて、流れに無理な場所がないかをチェックしながらポーズを足したり引いたりしていきます。

完成!

ヨガのシークエンスは、料理のレシピに似ていると思います。最初に適切な素材を準備して、炒めたり、ゆでたり、煮たり、香辛料や調味料を順番どおりに入れて、初めておいしい料理に仕上がります。

いとこの子が「噂の!東京マガジン、こんなしょうが焼きは嫌だ!」(街角で声をかけた若い女性にいきなり料理名だけ言って料理を作ってもらう番組)に出ていたのですが、料理を知らないと、こういうことになるのかと大笑いできます。

ヨガだと「こんなシークエンスは嫌だ!」どころか「危険だ!」になってしまいます。

コメントは受け付けていません。