押し合う力を利用してポーズを深める

体の内側から外側に向かう力と、体の外側から内側に向かう力を利用することによってポーズを安定させることができます。

Ananthasana(アナンタナのポーズ/ヘビのポーズ/横向きの足上げのポーズ/Infinity pose 無限ポーズ)を使って説明します。

アナンターサナ上の最終ポーズに行きつく前の安定感を得るための準備段階が大切です。

アナンタサナ

  1. 右側のとく面を床につけて横になり、右ひじを曲げて手のひらで頭を支える
  2. 左足の親指を左手の人差し指、中指、親指の3本でつかんで
  3. 左腕が左脚を押し、その力に拮抗して後ろに引きがちになる左の腰は前に出る。
  4. 左肩は外転。(ひじの内側が天井を向く)右下肢はしっかりと床に押し付ける。
  5. 吐く息で左脚をまっすぐに伸ばす。
  6. 左足は骨盤から天に向けて力強く伸び、左腕は、それに拮抗する力として、しっかりと床に向かって引き込む。

 

 

 

コメント欄は閉じられています。