食後の胸焼け&逆流性食道炎の治し方

逆流性食道炎を自力で治すまで

私はかれこれ15年ほど前から、食後のひどい胸焼けに苦しみ、胃カメラを飲んだ結果、逆流性食道炎と診断されました。

逆流性食道炎の原因は、胃の中のものが簡単に食道に逆流しないために胃と食道の間の蓋の役割をしている下部食道括約筋という筋肉があるのですが、それが加齢、もしくは若い人でも暴飲暴食、肥満(腹圧が上がるため)、刺激物の取りすぎなどの生活習慣によって、ゆるんで胃酸が逆流してしまうために食道に炎症を起こしてしまう症状です。医者では通常、抗胃酸薬を処方されます。つまり胃酸を止めてしまうので、胃の中の物が逆流しても大丈夫だという考えで、付け焼刃の対処方法に過ぎません。

私も医者には抗胃酸薬を処方され、一生飲むように医者には言われて数年は飲み続けていたのですが、数年すると、効き目がなくなってきました。医者には、さらに量を増やすか、他の抗胃酸薬に代えるように言われましたが、本当にこのまま抗胃酸薬を一生飲むことは体にいいことなのだろうか?と疑問を持ち始めました。

抗胃酸薬が効かなくなった

そこで、色々検索している内に、アメリカのサイトで逆流性食道炎について患者達が話し合っている掲示板を見つけました。その中で多くの人(100余りの書き込みがあり、その内のほぼ70%位)が、長年、抗胃酸薬を飲んでいるが効かなくなってきた。それどころか、他の不調も出てきたと書いていました。その中に、「胃酸は体に必要だから出るもの。それを止めてしまう抗胃酸薬は、長期的には、体にさまざまな不調をもたらす。」と書いている投稿が、いくつかあり、目から鱗でした。

そこで、さらに、検索を進めていてChris Kresserという医師の本を発見しました。そこに書いてあることを読んで、「これだ!」と思いました。

胃酸は必要だから出てる

数十ページにおよぶ本の、要旨のみ書きます。

「抗胃酸薬を飲み、胃酸が抑えられることで、バクテリアの成長が促進され、感染に対する抵抗力を弱め、体に必要な栄養の吸収は減退し、、過敏性腸症候群や胃癌など他の消化系疾患を引き起こすという問題があります。製薬会社は抗胃酸薬を発売した時から、この危険性に築いていて、6週間以上の投薬を薦めていません。ところが、このような薬は数週間どころか数十年も飲んでいる人が、一般的にいます。製薬会社は抗胃酸薬で7億ドル以上の収益をあげています。・・・・胸焼けやGERD(逆流性食道炎)は、シンプルな食事制限とライフスタイルの変更によって簡単に治せるのです。」

胸焼けの原因は胃酸欠乏?

Chris Kresser医師によると、胸焼けの原因は、胃酸過多ではなく、むしろ胃酸欠乏によることが多いとのことでした。胃酸の少ない環境の中で、胃の中のバクテリアが増え、それによって、下部食道括約筋がダメージを受けて弱る、逆流性食道炎になるという構図です。バクテリアは、PHバランスが低い状態の時、つまり酸性が強いと増殖できません。つまり、胃酸が少なくなるとバクテリアは繁殖を始めます。また、炭水化物の消化と吸収には、胃酸が必要です(胃酸が膵臓酵素が出るのを促します)。胃酸が少ないと、炭水化物は完全に消化されずに発酵してガスを発生します。それが胃もたれの原因になるというのです。

食事の見直し

そこで、再度、自分の食事を見直すことにしました。結論から先に言うと、今では全く薬なしで全く問題なく過ごしています。

私の場合は、胸焼けするのは、必ず夕飯後でした。朝食や昼食では滅多に起こらないのです。医者に、なぜか理由を尋ねても、うーんと首をかしげるばかり。それで、自分なりに、夜に口に入れるものを、その日によって変えて、その後の胸焼け度を記録してみました。たとえば、たんぱく質をまったく摂らない日。炭水化物をまったく摂らない日。などです。それで大体わかってきたのが、やはり炭水化物を多く食べた日には、ひどい胸焼けがすること。夕飯後の緑茶も胸焼けの原因であること(おそらくカフェインが原因)、そして、何よりも食後のデザート(果物も含む)を食べた時に、さらにひどい胸焼けがすることに気づきました。

砂糖、カフェイン、炭水化物を減らしてみる

こんな簡単なことに、なんで気づかなかったのだろうと思いましたが、炭水化物も緑茶も砂糖も、あまりに日常的な食生活の中に含まれているために、まったく考えてもみなかったのです。特に、砂糖は実に人の健康に良くない!ということも、今更ながらですが学びました。私は、それまで大の甘党、そして大のパン好きでした。でも、苦しい胸焼けから開放されるなら!と甘い物断ちをしました。中毒のようなものですから、しばらくは辛かったですが、今では、ほとんど夕飯の後に欲しいと思わなくなりました。幸運なことに、夕方4時以前なら甘いものを食べても胸焼けが起こらないということも発見したので、どうしても食べたい時は時間を選んで少量食べています。私の場合は、何よりもお砂糖が一番の原因であることは間違いありません。逆流性食道炎が完治したと思った後でも、たとえば義理のお母さんがデザートを作って夕飯に訪れたような場合、食べてしまって、胃もたれに苦しむということが何度もありました。今では、義理のお母さんに事情を説明して、「明日いただきますね。」と言うようにしています。

Kresser医師は以下を提唱しています。炭水化物の摂取を減らす。特に加工食品の類に入る炭水化物の摂取を控える。人口甘味料、ブドウ糖果糖液糖を避ける。繊維質の高い食物も菌の繁殖を促進しうる。酵素を摂る。(私は純砂糖も避けるべきと思っています。)

残念ながら日本では手に入りにくいのですが、アメリカでは健康食品点ならどこでも売っている「ペプシン」を含む塩酸ベタイン Betaine HCL (with) Pepsin というサプリが、胃酸補助の役割をして、とてもよく効くのですが(ペプシンは動物の胃で働くタンパク質分解酵素の一つ)、日本語でネット検索しても出てきません。唯一iherb.comというアメリカサイトが、日本にも送ってくれるようですので、興味のある方は試してみてください。食事の直前か最初の方で飲むことが薦められています。私は、今では、このサプリもなしで大丈夫になりました。

胸焼けをヨガで緩和

胸焼けが起きた時、ヨガでもできることがあります。まず食事の後に一番やってはいけないのが、背中が丸まった前かがみの姿勢で椅子に座ることです。腹圧が増すのと、胃と食道の間の弁である下部食道括約筋が圧迫されてしまうからです。

ヨガブロック

できればヨガブロックを二つ用意してください。ダイソーの100円ストアでも売っているのは確認しました。そして、ブロックの以下のように置いて、仰向けに寝ます。胸の下のブロックは、左右の肩甲骨の間、ブラの紐が当たる場所に角が来ます。この姿勢で、食後しばらく休んでください。また胸焼けが始まった場合に、この姿勢で休むといいです。

それから、これは万人に効くかは、わからないのですが、テニスボールを二つ、背骨の両脇、肩甲骨のすぐ下に追いて、ひざを曲げてゴロゴロと動かします。背中の凝りが取れるだけでなく、食道から胃の中までマッサージされる感じで、私の場合は胃がすっきりします。

コメント欄は閉じられています。