ポーズをしながらの呼吸のタイミング

吸う息
プラナ(気)と息を取り込み体の内側に向かって拡張します。
  • 体を開いたり、伸ばしたり、拡張したりする時。
  • 重力に逆らって上向き方向に体を開いたり、伸ばしたり、拡張したりする時。
  • ポーズに入って行く時。
  • 背筋を伸ばす時。
  • 腕を横や頭上に伸ばす時。
  • ポーズを深める準備として。体が縮むのを防ぐ。たとえば、パリヴリッタ・スカーサナ(Parivrtta Sukhasana ねじった安楽座)でねじる際に、上半身が縮みやすい。またねじる側の体側が縮みやすいので、ポーズに入る前に吸う息で背骨と体側をしっかりと伸ばしてから、息を吐きながらねじる。)
吐く息
プラナと息が体の外側に向かって拡張します。
  • 体を閉じたり、曲げたり、ねじったりする時。
  • 床に対して平行に動く時。(例:戦士のポーズ2で片ひざを曲げる時。)
  • ポーズの頂点から元に戻って行く時。
  • ポーズを深めて行く時。
  • 両腕を体の中心軸へ持ってくる時。

 

 

コメントは受け付けていません。